研究班のご案内:腫瘍班

腫瘍班 代表:天野 克之

担当疾患

  1. 大腸癌の化学療法
  2. 胃癌の化学療法
  3. 食道癌の化学療法
  4. 膵癌の化学療法
  5. 胆嚢癌、胆管癌の化学療法
  6. 小腸癌の化学療法
  7. 消化管原発神経内分泌癌の化学療法

特徴

近年消化器の癌に対する化学療法の進歩は目覚ましく、分子標的薬の登場や免疫チェックポイント阻害剤などの開発がすすみ、それに伴い一昔前までは予後不良であったものも予後が見込める時代になってきました。しかし化学療法が進歩していく中で副作用も複雑化してきており様々な副作用対策も必要となってきております。副作用対策や緩和医療を含め当科では適切な診断から最新の科学的根拠に基づいた治療までをモットーに医療に取り組んでおり、患者様ひとりひとりに心と心で結びついた医療を心がけています。また定期的な外科とのカンファレンスや放射線科カンファレンス、院内のキャンサーボードを行い他科の連携がスムースに行えております。臨床試験等を通してより良い標準治療の確立を目指しております。

教育・研究

他の医療機関と連携して多施設共同の臨床試験(WJOG、JACCRO等)に積極的に参加しております。 国立がん研究センターや国立がん研究センター東病院で研修をしてきた医師が多く在籍しており、定期的にそれらの病院と勉強会等が開かれるだけでなく、国内留学も積極的に行っております。



4つの診療研究グループ  消化管班  肝臓班  腫瘍班  胆膵班