研究班のご案内:肝臓班

肝臓班 代表:及川 恒一

担当疾患

  1. 肝炎ウイルス(C型肝炎ウイルス、B型肝炎ウイルスなど)による急性肝炎、慢性肝炎
  2. 自己免疫性肝疾患として自己免疫性肝炎 (autoimmune hepatitis; AIH)、原発性胆汁性胆管炎 (primary biliary cholangitis; PBC)
    原発性硬化性胆管炎 (primary sclerosing cholangitis; PSC)
  3. メタボリックシンドロームに関連する脂肪性肝疾患、非アルコール性脂肪肝炎 (nonalcoholic steatohepatitis; NASH)
  4. 薬物性肝障害
  5. 急性肝不全、劇症肝炎
  6. 肝硬変
  7. 肝癌

特徴

肝臓班では諸先輩方の努力により伝統的に多くの自己免疫性肝炎 (AIH) と原発性胆汁性胆管炎 (PBC) の患者さんを診療し、その豊富な経験をもとに早期診断かつ適切な治療を行っています。

また近年、C型肝炎ウイルス感染に伴うC型慢性肝炎や肝硬変に対しては、インターフェロンを使用しないインターフェロンフリー直接型抗ウイルス薬 (direct acting antivirals; DAA) による内服治療を積極的に導入し、インターフェロン時代には考えられなかった高い治癒率を挙げています。またB型肝炎ウイルス感染に伴う慢性B型肝炎や肝硬変に対しても核酸アナログ製剤やインターフェロンによる抗ウイルス療法により積極的に肝炎活動性の制御に努めています。これらの抗ウイルス治療を行うことで、最終目標である肝線維化進展による肝不全の回避や肝癌発生の抑止につなげることを目指します。

これまで、わが国の肝疾患はC型肝炎、B型肝炎などによるウイルス性肝疾患が主流でしたが、近年では肥満とそれに基づくインスリン抵抗性に伴う脂肪性肝疾患である非ウイルス性肝疾患が増加しています。このうち明らかな飲酒歴がない非アルコール性脂肪肝疾患(nonalcoholic fatty liver disease; NAFLD) の中でも非アルコール性脂肪肝炎(NASH) は、肝硬変への移行や肝癌発症リスクの高い進行性の病態として近年注目されており、厳重な経過観察が必要です。

肝硬変に伴う食道静脈瘤に対しては、内視鏡的静脈瘤結策術 (endoscopic variceal ligation; EVL) や地固めとして内視鏡的静脈瘤硬化療法 (endoscopic injection sclerotherapy; EIS) を行っております。また肝硬変に伴う門脈圧亢進の症状として静脈瘤以外に、腹水貯留、肝性脳症、サルコペニアが挙げられますが、近年、治療オプションが急速に発展しており、症状緩和を図るために、従来の治療と組み合わせて積極的な治療介入をしております。

肝硬変からは年率約5-8%程度で肝癌が生じるとされています。肝細胞癌は近年、その最大の原因であるC型肝炎に対するDAA治療によりウイルス排除が可能な時代となり、わが国では年間死亡者数は徐々に減少傾向にあるものの、いまだ3万人を超えています。腹部超音波検査(エコー)、ソナゾイド造影エコー、dynamic CT、EOB-MRIを用いて肝癌の早期発見に努めています。肝癌に対する治療としては、肝切除術適応症例は肝胆膵外科と連携してスムーズに手術を行えるよう努めています。内科的には経皮的ラジオ波焼灼療法 (radiofrequency ablation; RFA) や経皮的エタノール注入療法 (percutaneous ethanol injection therapy; PEIT) の局所療法、また放射線部と連携し肝動脈化学塞栓術 (transarterial chemoembolization; TACE) を行っています。従来のリピオドールによる肝動脈化学塞栓術に加え、薬剤溶出性ビーズ (drug-eluting beads; DEB) を用いたDEB-TACE、マイクロバルーン閉塞下TACE (balloon-occluded transarterial chemoembolization; B-TACE)も施行しています。またRFA時にはCT、MRIなどの他のモダリティーデータと超音波画像を磁気センサーで位置情報を関連付けて表示できるFusion Imagingを用いて穿刺・治療の正確性の向上をはかり、また1本で大きさの異なる複数個の腫瘍に対応できる可変式電極針を用いたラジオ波焼灼療法など安全性を重視しながらも新しいデバイスを駆使して高いレベルの治療を提供しています。さらに全身化学療法として近年、肝癌においても次々に分子標的薬が開発されており、肝予備能良好症例に導入しています。

教育

週一回の放射線部との合同フィルムカンファレンスによる画像診断のスキルアップを、また週一回の肝癌治療カンファレンスおよび月一回の病理部との合同肝生検カンファレンスによる病理診断および今後の治療方針の検討を行っています。個人の能力を高めるために診断・治療・教育・研究へのあくなき向上心をもち、互いに質の高い議論を重ねることで幅広い知識と柔軟な思考や実践力を兼ね備え、患者さんに貢献することを目標としています。

研究

肝臓は恒常性の維持に必須の臓器であり、代謝、生合成、解毒など機能は多岐にわたります。肝疾患はその発症メカニズムの詳細が今なお明らかになっていない疾患が数多くあり、自己免疫性肝疾患はその代表です。伝統的に自己免疫性肝疾患発症における分子メカニズムの解明を目指して肝免疫研究を継続して行っております。研究により発症メカニズムを明らかにすることができれば、将来の新規治療法の開発につながり、多くの患者さんに還元することが可能となります。実際に、近年のHCVに対するDAA治療はウイルス性肝疾患分野のまさにブレイクスルーとなっていますが、1989年にC型肝炎ウイルスが見つかって以来、20-30年で培養法の確立から様々な基礎臨床研究が発展し、それらの結果の集大成として直接型抗ウイルス薬DAAが創薬され、実臨床での治療の著しい進歩につながっています。
また、肝癌においても近年、分子標的薬の開発が進み実際の臨床で使用されており、さらに、将来的には他の悪性腫瘍でも話題となっている免疫チェックポイント阻害剤などの登場や遺伝子解析により、患者さん個人に合わせた治療オプションの提供というプレシジョンメディシン (Precision Medicine) の実現に向けた大きな飛躍が期待されています。肝臓班では癌の維持に必須の自己複製/腫瘍形成能を持ち、癌の起点として発癌・転移・再発に関与しているとされる癌幹細胞における分子機構の解明を通じて、将来的な治療標的となりうる分子同定及び新規治療法開発を目指しています。
このように、多岐にわたる肝機能を背景に生ずる肝疾患は肝臓のみならず全身に影響が及び奥深いからこそ患者さんから多くを学ぶことができ、肝臓病学の診療・研究を通じて患者さんに多大な貢献ができるものと信じています。



4つの診療研究グループ  消化管班  肝臓班  腫瘍班  胆膵班