入局案内医局長:鳥巣 勇一

 消化器・肝臓内科/内視鏡部における専門修得コースでは、消化器疾患の病態を正しく判断し、的確に診断・治療し、適切な患者教育をすることができる幅広い知識と技能を身に付けた専門医の育成を目的としています。プログラム期間内には消化管造影検査、各種消化管内視鏡検査、腹部超音波検査、肝生検、超音波映像下局所治療、腹部血管造影検査および治療も修得できます。消化器病専門医としての臨床能力の向上に加えて、科学的思考能力の涵養、臨床研究への参加を目指し、日本でも有数の豊富な専門指導スタッフを擁しています。本プログラムにより、日本内科学会認定医・専門医、日本消化器病学会専門医、日本消化器内視鏡学会専門医、日本肝臓学会専門医などを取得するための十分な症例数を経験できるよう配慮しています。当院における臨床研修医は、現在では4人に1人が慈恵医大以外からの医師となっています。他学から当院での研修医、レジデントを希望される方がいらっしゃいましたら是非見学や問い合わせをしていただきたいと思います。

医局長 鳥巣 勇一